耐熱ソルダーレジストインキ TAINEX HRS-2-6シリーズ アルカリ現像型

車に求められる
絶対的な耐熱信頼性。

車載用基板など、高温下の信頼性が要求される用途に最適。耐熱性、冷熱サイクル性に優れます。
solder
  •  特長 高耐熱性:150℃×1000時間後もインキの変色がわずかです。
  •  特長 冷熱サイクル性:-65℃⇔150℃ 3000サイクル後もクラックが入りません。
  •  特長 カラー:一般的な「緑色」と光の反射を抑えた「ツヤ消黒色」をラインナップ。

 特長 高耐熱性

150℃ × 1000時間の連続加熱試験

ガラス基材にインキを塗装。150℃で1000時間加熱し、熱によるインキの劣化を観ました。

TAINEXは耐熱性に優れるため、熱による劣化が少ないことが分かります。

特長 冷熱サイクル性

-65℃⇔150℃ 3000サイクルを実施

HRS-2-6Gが塗られた基板と、一般的なレジストが塗られた基板を用意。
-65℃を30分と150℃を30分、交互に3000回実施しました。

一般品はレジストが割れていますが、HRS-2-6G側はクラックの発生がなく、

絶縁膜として、しっかり役割を果たすことがわかります。

特長 カラー

HRS-2-6G 緑色
HRS-2-6BKM ツヤ消黒色

■塗膜性能

項目 試験方法 HRS-2-6G HRS-2-6BKM
硬度 JIS K5600-5-4 5H 4H
付着性 JIS K5600-5-6 分類0
耐溶剤性 イソプロピルアルコール 室温5分浸漬 OK
アセトン 室温5分浸漬 OK
耐酸性 10%硫酸 室温30分浸漬 OK
耐アルカリ性 5%水酸化ナトリウム 室温5分浸漬 OK
耐はんだ性 JIS C6481 260℃×20秒 OK
耐金めっき性 無電解ニッケル金めっき処理
(Ni:3μm、Au:0.05μm
OK
耐熱性 150℃ × 1000時間 OK
PCT 121℃×9時間 OK
燃焼性 UL94規格 V-0相当
輻射率 放熱率計による測定
(測定範囲 3~30μm)
85%
熱伝導率 熱電動率計による測定 0.5~0.6W/mK
全塩素量 使用原料より算出(計算値) 440ppm 310ppm
反射率 色差計による測定 - 10%以下

■電気的特性

項目 試験方法 HRS-2-6G HRS-2-6BKM
絶縁抵抗 初期値 1.1×1012 3.1×1012
24V負荷、85℃ RH85% 1000時間 1.3×1011 2.5×1011
冷熱サイクル (-65℃×30分 → 150℃×30分)
×3000サイクル
2.9×1011
異常なし
4.3×1011
異常なし
(1500サイクル中)
表面抵抗 JIS C6481-5-10 1.0×1013Ω
体積抵抗率 JIS C6481-5-9 1.0×1014Ω・cm
耐電圧 500V×1分通電負荷
(測定膜厚20μm)
OK
比誘電率 JIS C6481(1MHz) 3.8 3.9
誘電正接 JIS C6481(1MHz) 0.05

※上記試験結果は参考値であり、規格値ではありません。

お問合せはこちら